きぼう屋

希望さがして希望みつけて混沌の世界と精神を 今日も淡々と生きてみる。。。

FC2 managemented FC2 managemented

うんうん。
誰でも信じるれる自信はありませんが
自分が大切だって想った人のことは
せめて、ずっと信じていきたいです。^^

2006.12.06 09:41 URL | まさやん #JalddpaA [ 編集 ]

本当にそう思います。
自分の子供の教育を委ねている学校、先生を信頼しなければ、どうするのかと…。

親と教師の相互不信、教師としての”権威”を剥奪された状態で、子供を教育できるとはとても思えません。

愚かに思えても
”子供に良いものをあたえたい”と願うのであれば、「信頼する」ことは本当に大切ですよね。

2006.12.06 10:22 URL | ひっつじ #- [ 編集 ]

もう一つ、最近TVで耳にした水谷先生のお言葉。
「愛国心を改めて教育しようというのは、
国に愛されている、という自信がないからですね。」

「人を信じること」・・私は正直、苦手です。
ある程度「距離」を保った上での信頼関係を築かなくては、私が
「壊れて」しまいそうです。

けれど、この、「距離」とか「孤独」とかいうもの
・・理解してゆるしてくれる方は案外少ないのです。

生身の人間が、生身の人間を信じきること・・
私には、まだ難しいです。

2006.12.07 22:16 URL | しゃぼん硝子 #- [ 編集 ]

まさやんさん、コメント感謝です。
誰をも信じることの出来ない人間の限界性が平和の限界性なのかも知れません。
平和ってのはここの突破を意味するような気が最近しているところです。

ひっつじさん、コメント感謝です。
教師が自由に自分を表現できるようにしてあげたいです。そもそも教育なんてのは、自分の生き様を、物語を表現してさらに芸術にしていくようなところでしか行い得ないと思うのです。このごろ。
ウチの息子の小学校では、先生の見張りの先生が教室にいたりします。わけわかりません。

しゃぼん硝子さん、コメント感謝です。
今の社会の循環だと、信じると壊れますよね。でも壊れない社会の循環もあるかと思ったりします。アーミッシュみたいな・・・

2006.12.09 15:40 URL | きぼう屋 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kibouniikiru.blog74.fc2.com/tb.php/138-c5445364

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。