きぼう屋

希望さがして希望みつけて混沌の世界と精神を 今日も淡々と生きてみる。。。

FC2 managemented FC2 managemented

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.03.08 21:42  | # [ 編集 ]

今朝、思いついたままに。

天地創造以前から
ずっと神さまのてのひらに刻まれ、
約束されていた
それぞれの「いのち」の物語。

それを喜んで受け入れる者、
黙って受け入れる者、
「ノー。」と拒む者。

神の約束という、「限りない」限界性。

2007.03.09 09:40 URL | しゃぼん硝子 #- [ 編集 ]

しゃぼん硝子さん、コメント感謝です。

神さまという事柄をふくめるなら
もうひとつ知ることが出来ると思っています。

人間が幸せになるための限界性というのは
また人間の可能性を放棄するというのは
神の可能性を信じ、神の可能性で生きる故に
人間は自らの限界を見つめつつ
しかし神によって可能となるべき事柄に生きることが出来る
ということであることです。

だから
神の創造こそ豊かな可能性かなあと思います。

その創造は人間が自らの限界性を知るときに、そこで、つまり十字架で、起こってくるのだろうなあと。

ちょっとむずかしいかなあ。

2007.03.09 13:42 URL | きぼう屋 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kibouniikiru.blog74.fc2.com/tb.php/169-421443d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。