きぼう屋

希望さがして希望みつけて混沌の世界と精神を 今日も淡々と生きてみる。。。

FC2 managemented FC2 managemented

この詩、「そのまんま」好きです。

的外れの感想などを申し上げますと、
ガクっと、がっかりされますから控えますが、
とにかく、この詩、ドスンとお腹におさまりました。

イエスが「憐れむ」ということには、
「はらわたから憐れを感じる」という意味がある、
と、遥か昔に教えられたような・・。
その教会に「はらわたする会」などという
青年の集まりができたりして・・。
そのことを思い出しました。

すみません、結局ガクッとなさいましたね。

2007.03.08 21:53 URL | しゃぼん硝子 #- [ 編集 ]

的外れかどうかは
わたしたちが判断できることではないので
そういうところは神に任せて
ぜひ感想をお聞かせいただければなあと
思いました。

憐れむということばを
岩波の聖書で佐藤先生が
はらわたがちぎれる思い
と翻訳されたましたが
まさにそうだと思います。

隣人の痛みが自分の痛みとして
実際に五臓六腑に響くという
人間の人間たる機能は
とても大切だなあと
思いました。

でも苦しいのだけど・・・
だから逃げたくなるのだけど・・・

だからこそ
主イエスの十字架があるのだろうなあと
思います。

そこで逃げても
赦され
もう一度憐れみにチャレンジする

という私たちの生きると云う循環。

これからもぜひ感想をお願いします。

2007.03.09 13:47 URL | きぼう屋 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kibouniikiru.blog74.fc2.com/tb.php/170-f21faf2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。